大阪京都の女性のための性感マッサージ・ 京阪CalmDown(女性用性感)・性感マッサージによる不感症セックスレスのためのセックストレーニング


性感マッサージについての相談・質問はこちらよりメールを下さい

calmdown.k@gmail.com

性感マッサージご利用のお客様から・・・


先日、ご利用いただいたお客様からお礼のメールをいただきました。

拝読して、この仕事をしてきて良かった、と心から思えました。

今このサイトをご覧の方にとっても、もしかしたら不安を拭うのに役に立つかもしれません。

(※お客様には許可を頂いて載せています)


  Kさんへ

  今日は どうも有り難うございました。

  お話をしている時は 恥じらいや 緊張や 恐怖心が強く どこを見ていい
のか じっと座っていられないくらい落ち着かず ちょっと逃げ出したいよう
な気持もよぎったりしまし
  た。
  でも Kさんの考え方や 姿勢 女性への接し方や SEXに対する考え方が 
とてもストレートにナチュラルに 自分の体の中に入ってくるのを感じていた
ので 迷いはありませ 
  んでした。真面目に プロのマッサージ師として Kさんに体を預けて身体
に触れてもらいたいという気持ちになってました。
  そのせいか 思っていたより 怖くもなかったし 痛くもなかったし 羞恥
心や罪悪感もありませんでした。

  初めてKさんの手が身体に触れた時 とても暖かくて 手のひらや指先から
 何か電流のようなエネルギーのようなパワーみたいなものが出ているのを感
じました。触られて気
  持ちいいこと以上に そういう目に見えない力を感じることができたことを
 とても嬉しく感じました。そしてカラダの力が自然に抜けて 自分のカラダ
も脳もコントロール不能に 
  なりました。途中 服を脱がしてもらって 全裸になった時 恥ずかしさよ
りも 見守ってもらっているという安心感や 包んでもらっている優しさや 
暖かさを感じてました。
  たぶん生まれた時のまま バージンの時の きれいな体に戻れた気がして 
頭でも カラダの一部分でもなく 五感すべてで 感じ反応するままに任せる
だけでした。
  我慢しようとしても じっとしていようとしても どうにもできず 自分が
壊れそうになるなかで 少しずつ 古い鎧がはがされていくような 新しい自
分に生まれ変わるんだという思
  いがしていました。
  カラダに触れられたり見られていることに 喜びを感じたのははじめのよう
な気がします。それくらい 視線も柔らかで嬉しかったです。

  一番デリケートな秘部をいつから触られているのか 気付かないくらい自然
な流れだったので 全く恐怖も痛みも感じませんでした。
  今 冷静になって思い返してみると 痛みや恐怖は襲われたことによるもの
ではなく 助けられた後 病院での処置によるものだと気付きました。目隠し
されて カラダを抑え
つけられて 口に布を突っ込まれて 抵抗もできず 服を脱がされて 下着をナ
イフのようなもので 刻まれるようにはぎ取られ 生きた心地がしませんでし
た。そこには恐怖も
痛みも超えた 無感情な中に もう死ぬんだという 真っ黒い世界しか見えてな
かったです。その後のことは 気を失っていて覚えていません。(思い出せな
い、思い出そうとす
ると息苦しくなる)
  助けて下さった先生の話から 裂けて出血していたところを きれいに切除
して縫ったということと クリトリスと陰唇の一部が火傷していたということ
を 教えてもらいました。
  痛くて処置やガーゼを交換する度に悶絶し 診察台に上がることが恐怖でし
た。傷が癒えた後も痛みは長く残っていたと思います。
  それが 触られたり SEXの時に 痛みや恐怖として 感じていたんだと思
います。

  何年ぶりだったでしょうか。カラダの奥に指が入ってきて 子宮の奥がくす
ぐられてるような 暑く熱を帯びてくる感じ 自分のカラダの中で 大きな津
波が起こったような感じが
  していました。どんな言葉も思いつかず ただただ カラダが反応するまま
に ゆだねるしかできませんでした。今まで 誰も触ったことのない奥まで
入ってきてくれた時 どんな
  に叫んでも どんなに体をよじっても 耐えられないほどの 大きな波を感
じていました。
  お漏らししたことは全く気づいてませんでした。kさんに 指摘された時は
 顔から火が出るほど恥ずかしかったけど それほど体が反応してたんだと思
うと 今は とても嬉しい
  気持ちです。そして 今日 Kさんが触ってくれた一番奥の場所が 一番反
応する場所がと分かりました。今まで感じなかったのではなくて 感じる部分
に 触れられたことがな
  かったんです。
  そしてそして 今が私にっとっての ホントとの意味での初めての時なんだ
と感じて 涙がじわーっと出てきました。

  細胞のひとつひとつ 神経の一本一本まで すべて正直に素直に自分を出せ
たように思います。それを傍にいて見守ってくれてありがとうございました。
  Kさんだったからどこを触られても 不安や不快感を感じずに済んだし 足
や秘部を開かれても 必要以上の恥ずかしさや いやらしさを全く感じません
でした。
  うつぶせにんなって お尻を両方に開かれた時 二つの入り口から頭の先に
向かって 冷たい空気がスーッと 突き抜けていきカラダの力がフッと抜けら
楽になって 軽くなるの
  を感じました。 だから今までとは考えられないような 反応になったんだ
と思います。
  どこかで操られいるようなのに ベッドにいることを忘れて 自由に思いっ
きり手も足も延ばして 泳がせてもらっているようでした。

  自分で自分の体に ただただ驚いています。自分はダメな女性でもなく 感
じない女性でもなかったことが 自分でちゃんと理解できました。
  これからは 少し顔をあげて 前向きになれるかな。主人と二人になれる時
間を 増やしたり ただ話をするだけでなく もっとお互いに 気持ちを確認
し合ったり 今まで見えて
  なかったり言葉にできなかった部分も 声を出して きちんと伝え ちゃん
と聞かなくてはいけませんね。 

  いくつかの偶然もあって Kさんと出会えて 違う自分と出会えて 思い
切って決心してよかったと感じています。 
  頭の中や 理屈でわかろうとしても ずっとできなかったのに 今日はカラ
ダも裸になって 心も脳も空っぽにして きれいになって 自分と向き合えた
気がします。
  自分ときちんと話ができるようになった気がしています。

  お家に帰って まだカラダのほてりや 腰の重だるさが残っていますが 気
持ちは静かに落ち着いて 穏やかです。
  そしてそれから いっぱい いっぱい書きました。

  最初で最後だから 感謝と嬉しい気持ちを たくさん たくさん伝えたかっ
たから。
  ありがとうと さよならだけでなくて 自分が感じていたことを 伝えた
かったから。
  そうして 少しずつ 時間をかけながら 丁寧に 自分のカラダや 主人と
の関係や 今後の性生活について 考え付き合っていきたいと思います。
  本当に 有難うございました。

  これからも お体に気をつけられて よいお仕事を 続けて下さいませ。 
   
 

性感マッサージについての相談・質問はこちらよりメールを下さい

calmdown.k@gmail.com

inserted by FC2 system